CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
* about *
* piapro *
* pixiv *

御用はこちらまで↓(☆☆を@に)
yuzuri829☆☆yahoo.co.jp



* ニコニコ動画マイリスト *


PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

tea*

更新、活動停止中。
<< 【PV作りました】eight hundred | main | 【絵】レンリン+いろいろ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | bookmark |
eight hundredのPVについて
ニコニコ動画


eight hundredのPV、
見て頂けた方々へ感謝の気持ちを申し上げますっ

また個人的な裏話でも。
お暇な方は追記からどうぞ。





 


最初この曲を聴いた時は、
まさかあのような展開が待ち構えているとは思わなくて、
「砂糖はしょっぱくて 塩はとっても甘い」
というフレーズから、子どもがつく夢のある嘘、というイメージを持ちました。




「君のことは大嫌い」
の後からは、あぁ、恋してる歌なんだなぁと思っていたら、




「そして嫌いな君は今でも元気で息をしている 息をしている」



ここで衝撃が走りました。本当に。
嘘なのか本当なのか一気に混乱してしまうくらいでした。
そして、
あぁ、恋していた人は、今は、いないんだ、という事実を理解した時
涙が溢れ出してきました。




殿堂入りし、カラオケ化もしたところで、
改めてこの曲を聴いた時に、
この世界を表現したいと思い、本当に突然にPV製作を開始しました。
作り始めたのは1/9あたりだったかと思います。




・子どものつく夢のある嘘
・悲しくて切ない歌ではあるけれど、希望はもてるようにしたい
・等身大のまま全てを描くとかなり重くなる
→という点から、
スケッチブックに描かれた子どものような絵を取り入れることにしました。
一応ミクが描いた設定にはなっています。




「聞き流して欲しい」の後からは、
スケッチブックの絵を最初は黒で塗りつぶそうかと思ってました。
でも、やってみたらなんか複雑な気分になっちゃって、
黒で塗りつぶすっていうのは本当に救いの無い感じになりそうな気がして。
なので、白でぐしゃぐしゃに塗りつぶしています。
「はじめからこんなことは無かったんだ」という意味で
白く塗りつぶしたというよりかは、消しゴムで消していった、の方が合ってますかね。




ミクの服装は、喪服です。
パッと見じゃ喪服に見えない感じにしたつもりですがバレバレでしたね!←




「君のことが大好きです ずっと隣にいたかった」
このフレーズが本当に大好きです。すごく切なく心に響きます。
大好きです、は現在形なのに、
隣にいたかった、は過去形。
嘘を並べるうちに、もう君がとなりに居ないことを少しずつ受け止めたのかなと感じてます。
ここが一番のポイントかなと思ったので、
笑顔のミクを思い切り泣かせてみました。泣かせたかったんです。←
笑顔なのに涙がこぼれるって、それって本当に心からの涙ですよね。




「この先言うことは 嘘か本当かわからない」
「この素晴らしい世界で 君の分も生きたい」





ここは難しいところでした。
完全に立ち直ってるとは思えないし、
たとえば最愛の人を亡くしてしまったとき
はたして「君の分も生きたい」と思えるだろうか?と。
君のいない世界で生きることがどれだけ辛いのか、
もしかしたら君のもとへ行きたいなんて思うかもしれない。




なので、

間奏とラストの文字部分とリンクさせることにしました。
今までついてきた嘘に隠れてた本当の気持ちを、
全部、全部、君が好きだと言ってくれた、歌に乗せて。
ありがとう、ありがとう、大好きです。
きっと心の整理がきちんとついたとき、
「大好きでした」になれるんでしょうね。






あまり自己解釈はせず、原曲通りに絵をつけたつもりではありますが、
あの素敵で切ない世界観が少しでも伝わればいいなぁ、と思います。
ピノキオPにも見てもらえてありがたい限りでした(´;ω;`)





動画的な意味での裏話。
・少し動かしてみたかった←
・でも、アニメーションって難しいですね!玉砕!
・ムービーメーカーでいつも作ってます。
・が、最後の「あぁ」のところだけ初めてNiVEを使いました。縦スクロールがしたくて!
・スケッチブックは写真です。家にあるのを撮って使いました。
・こうした、写真を使ったPVは実は作ってみたいと思っています。
・背景が描けないわけじゃry





動画タイトル、ふざけすぎかなと思ったらコメントが皆さんツンデレでした。
みんなeight hundredが大好きなんですね…!実感しました!
そんな方々に見て頂けて、本当に幸せです。ありがとうございました!




eight hundredに出会えてよかったです。

| 製作動画 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | bookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:40 | - | - | bookmark |









http://tea-y.jugem.jp/trackback/25